KNOG COBとSMD

LEDに、COB とSMDという違いがあるのはご存知ですか?

 

SMD

SURFACE MOUNT DEVICE

SMD LEDは、1つの基盤、1ペアの電極、1つのLEDで構成されています。
どちらかというと
ヘッドライトなどパワフルなLEDに使われているのはこちらのSMDになります。
リアライトなどでもより遠くに光を飛ばしたり、強い光で強調するのにはこちらを採用します。

 

COB

CHIP ON BOARD

こちらは1つの基盤、1ペアの電極に対して、たくさんのLED(通常9個以上)が配置されます。
ぎっしりLEDが配置されることで、面で光らせられるので 家庭用の照明や、自転車ライトですと より広範囲に光を照射するセーフティーライト、リアライトなどに使用されます。
ルーメンに対しての消費電力効率がよいのはこちらになります。

というのが、KNOGのサイトで詳しく説明されているムービー(英語)がシェアされていますので ご興味のある方はぜひ。
by The Subjective Cyclist.

COBBERはPLUS何個分?

そんなCOB LEDを採用しているのは、

  • BLINDER MINI
  • ニューBLINDER
  • PLUS
  • COBBER

です。
最もわかりやすいのは、PLUSライト
フロントとリヤで微妙に実装されているLED数が異なりますが、
フロントを例に数えてみると12個が1列に並んだ仕様になっています。

1つの基盤に12個のLEDが隙間なく並ぶことで、面で光らせることのできるのが特徴です。
では、さらにこのCOBをふんだんに使用した COBBERシリーズは一体いくつのLEDが使われいるのでしょう?

「KNOG Lil Cobber」のLEDは72個

つまり…

Lil Cobber = PLUSx6個分

Mid CobberのLEDは144個

つまり…

MId Cobber = PLUSx12個分

Big Cobberに至ってはLEDはなんと288個

1杯でしじみ70個分の力というパワーワードに通じる、期待以上の恩恵を受けている感じがします。

つまり…

Big Cobber = PLUSx24個分

さらに、このCOBを曲面で配置したのはKnogのパテントです

18件の工場にそれは不可能だと断られたようですが、
実現、製品化させたKnogの魂のこもったプロダクトです。

 

Oh,Yeah!!

Knogは、商品を手に取った人が思わず
Oh,Yeah!!と声をもらすような感動を与える事を喜びにしています。
デザインを始める動機はまた、退屈なものを楽しくするということ。
KNOGの製品は、「退屈でないもの」というハッシュタグで表現されます。

#UNBORINGTHINGS

 

KNOG記事一覧へ

 

KNOGカタログページへ

KNOGホームページへ

 

関連記事一覧