GIRO HOW TO CHOOSE THE BEST CYCLING SHOES

GIRO サイクリングシューズの選び方

自分にベストなサイクリングシューズはどのように選べば良いか
ロードライダー、グラベルグラインダー、シングルトラックシュレッダー、通勤で使う人、または単に楽しみのためにクルージングするかなどどのようなライドをするかは実は関係ありません。すべてのライダーに共通することが1つあります。それは、足とペダルを快適かつ確実につなぐことが重要なのです。

ペダルシステムにはさまざまな種類があり、ペダルとライディングスタイルの両方に合わせてさまざまな靴を利用できます。では、あなたに合った最高のテクノロジー、フィット感、パフォーマンスを備えた適切な靴をどのように選択しますか?

ペダリングの力を最大限に利用できるように、最適な選択肢を決定するお手伝いをします。


 

ペダル:フラットvsクリップイン(CLIPLESS)

ペダルは、フラットまたはクリップレス(「クリップイン」と呼ばれることもあります)の2つのカテゴリに基本的に分類されます。フラットサイドとクリップレスサイドを組み合わせたペダルも市場に出回ってはいます。
シューズの好みやライディングスタイルに応じて使用することができます。

 

FLAT PADALS :

フラットペダルは、初めてのレクリエーションサイクリストから本格的なマウンテンバイキングまで、幅広いライダーに人気があります。ペダルは両側がフラットなので、自転車にまたがりすぐに走り出すことができます。このシステムは、ペダルのピンに靴底のラバーが食いつき、動力を伝達していきます。

フラットペダルを使用すると、自転車の乗り降りが気軽にでき、ペダル上の足の位置を自由に置くことができます。フラットペダルシューズは、(名前が示すように)底が平らであるため、ペダルに「クリップイン」するようには設計されていません。

 

FLAT PEDAL SHOE : RIDDANCE

FLAT PEDAL SHOE : JACKET II

 


CLIP-IN(CLIPLESS)ペダル

クリップレス(またはクリップイン)ペダルは、より楽に走りたい人やレースで高いケイデンスや高いパワーの伝達を求めるライダーによって使用されます。クリップレスシューズは、ソールが硬く、シューズの底に直接取り付けられたクリートを介してペダルに「クリップイン」できるように設計されています。使用するには少し練習が必要ですが、転倒した場合にリリースするように設計されており、パフォーマンスを求める方に高く評価されます。

クリップインしているのに「クリップレス」と呼ばれるのはなぜですか?
サイクリング初期の頃、ロードレーサーはペダルに金属製のケージとクリップと呼ばれる革製のストラップを使用して、ペダルと足をつなぎ合わせて効率を最大限に高めていました。 「クリップレス」への言及は、この種の「クリップ」が必要だった頃のストーリーがあったからなのです。

クリップレスペダルシステムには主に2つのタイプがあり、それぞれに以下のような、それぞれの利点があります。

 


CLIP-IN(CLIPLESS)ペダル:SPDタイプ

SPDタイプは、マウンテンバイクスタイルのペダルやシューズに最もよく使用されています。クリートとペダルは小さく、泥履け性能がよく、マウンテンバイク、グラベル、サイクリングでよく使われています。小型なシンプルな2ボルトシステムにより、クリートを靴底の中に収まっています。これにより、歩きやすくなり、アグレッシブなトレイルライディングから街中のサイクリング、屋内のスピニングエクササイズまで、さまざまな利用方法があります。

 

 

SPD CLIP-IN (CLIPLESS)SHOE : EMPIRE VR90

SPD CLIP-IN (CLIPLESS)SHOE : CHAMBER II

 


CLIP-IN(CLIPLESS)ペダル:LOOKタイプ

「ルック」タイプは、ほとんどロードサイクリングのペダルとシューズにのみ使用されます。

クリートとペダルはより大きな面で取り付けられ、スプリントと高強度のペダリングに必要なパワーをサポートすることで、非常に安定した効率の良いペダリングをすることができます。

3ボルトシステムでは、シューズ底が硬いシューズが必要であり、靴底にクリートを格納することができないため、自転車から降りたときの歩行はしにくくなります。

 

あなたは自分の自転車の乗り方に対してペダルを選ぶことができます。シューズがペダルとよく合っていることを確認してください。

 

LOOK CLIP-IN (CLIPLESS)SHOE : REGIME

LOOK / SPD CLIP-IN (CLIPLESS)SHOE : CADET

 


 

サイクリングシューズ:ロード、レクリエーション、マウンテンバイク タイプの違い

ロードサイクリングシューズ

一般的には、ロードサイクリングシューズは硬くて軽いほど良いと言われています。彼らはレースから生まれたので、ロードサイクリングシューズは、最大のペダリング効率を満たすように、かつ軽くて硬いように作られています。フィット感は、靴の内側の足を安定させるためにかかとがしっかりしており、滑らかな形状のアウトソールがあります。
通常、丈夫なナイロン、カーボンファイバー、またはこれらの素材の複合材で作られています。
長時間の歩行には設計されていませんが、歩行で滑り防止や保護のためにヒールとつま先のパッドがあります。

ロードサイクリング専用に作られいるシューズは、クリップレスペダル専用に設計されており、2ボルトまたは3ボルトのクリートが使用できるようになっています。

ソールの柔軟性は無く、クリートがソールから突き出ているため、オフロードライディングや、長時間のウォーキングが必要になる可能性のあるライディング(自転車ツーリング、マウンテンバイク、バイクパッキングなど)には使用しないでください。

GIRO ロードシューズサイトへ

 

レクリエーション用自転車シューズ

レクリエーションシューズは、アーバンサイクリング、インドアサイクリング、またはのんびりと自転車に乗ることができるように作られています(または、カジュアルなスタイルで靴を交換しないでも、カフェや街中でぶらぶらするのが好きな人向けです)。それらは、日常のカジュアルシューズと専用のサイクリングシューズのハイブリッドと考えることができ、慣れ親しんだ快適さ、ペダリング効率をとったスイートスポットなシューズになります。専用のロードサイクリングシューズやマウンテンバイクシューズほど硬くないため、歩きやすくなっています。また、ペダリング中に足を安定させ、岩やダートから足を守りさらにシューズ自体も耐久性のあるアッパーを備えています。そしてどこを歩くときにもトラクションの高いグリップ力のあるソールを備えています。

カジュアルバイクシューズは、フラットとクリップレス(クリップイン)の両方の種類があり、各システムの利点は、先に説明した内容の特徴があります。
一般的に、ペダルから足を離す必要がある場合はフラットペダルシューズの方が簡単ですが、クリップレスではよりパワーの伝達がよく効率的です。

GIRO アーバンシューズサイトへ


 

マウンテンバイクシューズ

マウンテンバイクのシューズは、運動靴やスケートシューズよりも硬めですが、一般的にロードサイクリングシューズほど硬くはありません。
クリップレスまたはフラットスタイルの靴を選択するかどうかにかかわらず、アウトソールはペダルやダートの中で優れたトラクションとグリップを発揮するように設計されているため、どんなコンディションでも歩いたりすることができます。

ロードサイクリングシューズのように、適切なペダルとシューズを選び、ライディング時にアーチサポートとかかとの快適さを感じる必要があります。

クリップレスマウンテンバイクシューズ:クリップレスマウンテンバイクシューズの利点は、ロードサイクリングシューズと同じです。ペダルにクリップで留めることで、岩や根があってもバイクとの一体感が高まり、バニーホップやバイクのコントロールも簡単になります。さらに、「下半分のフィット感」を完璧にして、足、膝、腰をすべて揃えることで、レースやトレーニングでより高い、またはより強力なペダルストロークを維持しやすくなります。

クリップレスの靴とペダルの組み合わせを選択する場合は、最高の快適さとパフォーマンスを得るために、クリートの位置を適切に設定することが重要です。これを行う方法がわからない場合、または膝の痛み、足の不快感、または同様の懸念がある場合は、プロの自転車フィッターまたは最寄りのGIROディーラーにご相談ください。

フラットペダルマウンテンバイクシューズ:フラットのメリットは、自然にペダリングでき、直感的に使用できることです。
自分の置きたい場所に足を乗せることができ、いつでも微調整をすることができます。また、狭いコーナーや急にストップする場合でも、転倒しかけた時はすぐに足を出すことができ安全です。

フラットペダルでのデメリットもいくつかあります。
足がペダルに固定されていないため、特に濡れた地形や非常に岩の多い地形では、ペダルが滑ったり、足が外れたりする可能性があります。
バニーホップやサイドホップなどの動き、後輪の持ち上げなどのスキルを習得しない限り、そのような場所を走破するのは難しくもなります。クリップレスはそのような場所での、スキルを補ってくれる役割もします。
また、長期間にわたって高いケイデンスを維持することは難しい場合もあります。

 

GIRO マウンテンバイクシューズサイトへ

GIROの推薦は?

各システムには利点があります。最終的には、両方のスタイルに慣れるための方法を学ぶことで、スキルをシャープに保つことができます。
また、両方を使用することで、最終的に自分に最適なものを決定できるようになります。

 


OUTSOLES

アウトソール

すべてのGiroサイクリングシューズは、最高のライドを実現するための高性能なテクノロジーと機能を備えています。また、Boa®、Vibram®などのマーケットをリードするパートナーと協力して、すべてのGiroシューズが最高のものとなるよう努めています。

EASTON EC90 CARBON

イーストンが設計したアウトソールは、クラス最高の剛性対重量を実現するEC90™高弾性カーボンを採用し、周囲のエッジが平らなため、シューズのアッパーに足が自然にフィットして快適性が向上します。

カーボンファイバーコンポジット

この型破りなデザインは衝撃的なパフォーマンスを誇り、剛性と重量の比率は、より手頃なコストにもかかわらずハンドメイドカーボンアウトソールに匹敵します。

カーボン強化複合材

短いカーボンファイバーにグラスファイバーを注入することで、アウトソールの剛性をさまざまなレベルのペダリングパフォーマンスに合わせて調整できます。また、つま先とかかとのパッドをアウトソールに直接注入し、耐久性のある接着を実現します。

ガラス繊維強化複合材

ナイロンとファイバーグラスを注入した複合アウトソールを備えたエントリーレベルのサイクリングシューズは、コストを抑え、より価値のある優れたパフォーマンスと剛性を提供します。ガラス繊維入りナイロンは、標準ナイロンよりも最大80%高い剛性を備えています。

デュアルインジェクション

デュアルインジェクション成形プロセスは、剛性の高いソールプレートと高トラクションのラバーアウトソールを融合させて、両方の長所を組み合わせています。
優れたペダリングパフォーマンスを発揮すると同時に、ハイキングやバイクを押すときに、しっかりとしたトラクションを約束してくれます。
ソールとアウトソールのトレッドは完全に結合しているため、層間剥離の可能性はなく、トラクションと耐久性の面でも全く問題ありません。

ラバー

マウンテンバイク用に設計されたラバー製のアウトソールは、最も耐久性があり、ハイキングや自転車を押すときのトラクションが強く、さらにペダルの上でもグリップを発揮します。独自のセンサーラバーや評価の高いVibram MegaGripラバーなどの高度なラバーコンパウンドをトレッドパターンをミッドソールと組み合わせて、パフォーマンスとライダーの信頼性を高いものとしています。

 


 

CLOSURE SYSTEMS

クロージャーシステム

レース(靴ひも)

最も実績のある構造として、靴ひもは足の甲全体にそれぞれの人にフィットすることができ、フィット感と快適さのレベルが桁違いに良いです。また、軽量で、必要に応じて簡単に交換でき、さまざまな色で靴をカスタマイズできます。ダイヤルシステムほど速く調整することはできないですが、チェーンに引っ掛からないようにレースキーパーに収納することができます。

 

 

 

 

 

FASTLACES

ファストレースは、従来の紐の利点と、プルタブを組み合わせたもので、レースを引っ張って締め、プルを所定の位置にロックして張力を維持することができます。軽量で使いやすく、過酷な条件でも信頼性の高いクロージャーとなっております

 

 

 

 

 

 

 

HOOK-AND-LOOP ストラップ

Hook and Loopストラップ(別名Velcro®ストラップ)を使用すると、すばやく直感的に調整することができ、靴ひもよりも伸縮性が少なくなります。これらのストラップのパフォーマンスは、非常に泥だらけの濡れた状態によって損なわれることがあるため、クリーンな状態に保つことが重要です

 

 

 

 

 

 

ダイヤル

Giroシューズで使用されているBOA®システムなどのダイヤルシステムを使用すると、ケーブルレースのシステムにより、ダイヤルを簡単に回して靴を締めることができます。プレミアムバージョンでは、両方向の微調整が可能で、すばやく正確にフィットします。オライド中でも簡単に調整でき、ライドが終わったときに緩めるクイックリリースシステムを備えています。hook-and-loopシステムと同様に、非常に泥だらけの濡れた状態によってパフォーマンスが低下することがあるため、システムをクリーンに保つことが重要です。

 

 

 

テクノロジー

すべてのGiroサイクリングシューズは、最高のライドを実現するための高性能なテクノロジーと機能を備えています。また、Boa®、Vibram®などのマーケットをリードするパートナーと協力して、すべてのGiroシューズが最高のものとなるよう努めています。

BOA IP-1ダイヤル

BOA IP-1ダイヤルは、前足と甲で1 mm刻みで高速、簡単、微調整をすることができ、足の各ゾーンをライド中でも調整するでき、正確なフィット感を得ることができます。 Boa FitSystemのダイヤルとレースは、製品のライフタイムで保証されています。

BOA L6ダイヤル

Boa L6FitSystemは、ダイヤルを回すだけで高速で微調整が可能です。ダイヤル、レース、ガイドの組み合わせにより、従来のバックルに比べて軽量化と調整(1mm刻み)が容易になり、インクリメンタルリリース機能も搭載。 Boa FitSystemのダイヤルとレースは、製品のライフタイムで保証されています。

XNETIC ニット

Xnetic Knitアッパーは、ニット素材に接着されたTPU骨格システムを備えており、必要な場所にてサポートをし、ニットは靴下のような快適さと優れた通気性を約束します。 Xnetic Knitは、撥水性と簡単にクリーニングができるようDWR処理されています。
また、耐摩耗性と耐久性を高めるためにラバーまたはTPUにてつま先/かかとのガード補強をされています。

EVAミッドソール

EVAは軽量で柔軟性のある素材で、圧力を分散して衝撃を吸収し、バンピーな路面での快適性と安定性を高めます。また、軽量で「高圧縮」に強いため、ペダルとの一体感を高める重要な部分になっています。

VIBRAM RUBBER

Vibramは高性能ラバーソールの世界的リーダーであり、クラス最高の耐久性を備えたドライおよびウェットコンディションでのライディング用に特別開発された技術的に高度なコンパウンドを備えています。

X-STATIC

X-Staticは純銀の層で作られた繊維で、繊維の表面に永久的に接着されています。 100%天然の抗菌繊維で、臭いを抑え、熱を調節します。

ロックプリント

つま先とかかとに施されたロックプリント補強により、耐摩耗性と耐久性が向上しています。

センサーラバー

最大のグリップ力と高耐久を両立させた独自のラバーコンパウンドデザイン。

FASTLACE

耐久性のあるFastlaceシステムは、コードロックとソフトレースガイドを備えたクロージャーシステム。

スーパーナチュラルフィットキット

Giro SuperNatural Fit Systemは、サイクリング専用のフットベッドと調整可能なアーチサポートキットを組み合わせたものです。キットに含まれる低、中、高のアーチサポートから選択するだけで、ライダーとフィッターはアーチサポートを調整して、ホットスポット、しびれ、けいれんなどの不快感を軽減または排除しながら、フィット感とペダリング効率を高めることができます。このシステムは男性用と女性用のサイズがあり、臭いやその他のバクテリアを抑えるためにフットベッドにX-Static®ファイバーが組み込まれています。

EVOFIBER

Evofiberはメッシュとマイクロファイバーの最高の特性を取り入れ、それらを生地に融合させて水をはじき、靴全体の通気性を向上させます。メッシュパネルを挿入するための余分な縫い目や接着剤を排除することで、靴の耐久性、快適性、重量をすべて劇的に向上させることができています。 Evofiberは非常に優れた形状記憶を持ち、速乾性を持っているので手入れが簡単です。

SYNCHWIR

Synchwire構造は、通気性と補強が施されたステッチのないアッパーで、驚異的なエアフローと超軽量なサイクリングシューズを作り出すことができます。 Synchwireは、耐久性をもたらすための熱接着フィルム、BOA®システムからアッパーにパワー伝達される力を分散するための不織布内部シート、通気のためのモノフィラメントメッシュを組み合わせた複合材料です。

 

 

 

 

 

GIRO記事一覧へ

GIROカタログページへ

GIROホームページへ

 

関連記事一覧