ASSOS ALL NEW LADYS S9 COLLECTION DYORA RS 登場

ASSOSレディースコレクションに待望のS9世代モデルが登場
先行して発表されただいメンズモデルと同様に
全方位に渡って進化を遂げた究極レーシングモデル。

DYORA RS
SUMMER BIB SHORTS S9

 

初のS9世代レディースビブショーツ。 ASOSS最新のA-LOCKエンジニアリングを取り入れた全く新しいモデルです。
先行して発表されたメンズモデルをベースに女性向けにブラッシュアップ。
A-LOCK ENGINNERINGと呼ばれる5つのテクノロジーが融合することで、今までにない快適なフィッティングをもたらします。(詳しくは下記をご覧ください)
パッドにはレディース専用S9パッドを採用。センター部の縫い目を無くしたゴールデンゲート・スーパーエアー・3Dワッフルなど長年に渡って開発されたテクノロジーが満載。
裾部分はシリコングリッパーを廃して、素材自体にグリップを持たせてずり上がりを防きます。これにより締め付けすぎず、痕がのこりにくい。
フィッティングはややタイトなレーシングフィット。

下部にASSOSアンバサダー・ショップ女性スタッフのインプレッションを掲載しております。
フィーリングやサイズ感などチェックしています。ぜひそちらもご覧ください。

  • 価格 : ¥29,800tax
  • カラー : Black Series
  • SIZE : XS – S – M – L – XL
  • CLIMARANGE : SUMMER 1/3

ASOSS最新テクノロジー
A-LOCK ENGINNERING搭載

S9世代の最新5つの特徴的な機能が融合することで、 パッドを安定させ異次元のフィット感を実現。

rollBar&ergoBox

左右の動きからパッドを安定させる革新的な構造。
ビブから延長されたロールバーと呼ばれる2本のバンドがスクエア形状のパネルと接続、左右がしっかりと連結され、パッドが傾かず安定して姿勢に追随。

carbon Xbib

カーボンを混合した新素材を使用するフロントサイド側ビブ。
バックビブは一本の素材を折り返し作られた単一構造。姿勢変化でのパッドのずれを防ぎ、背中部分の汗の発散を妨げない。

Butterfly Pattern

脚を完全に包み込むメインテキスタイル。
わずか2つのパターンだけで作られ均一なホールド・軽量化・快適性が大幅に向上。

DYORA RS Insert

レディース専用S7パッドがさらに進化。レース仕様のナローサイズ8mmパッド。ASSOSパテントの中央部が縫い目のないゴールデンゲート、3Dワッフル構造

DYORA RS
SUMMER SS JERSEY

女性アスリートのために開発されたエアロフィットのレーシングレディースジャージ。 先行発売されているメンズモデル EQUIPE RS SS JERSEYをベースにレディース専用にブラッシュアップ。フロントパネルは、非常に薄く伸縮性の高い素材を採用し、エアロ効果も高めます。素材表面はディンプル加工が施され表面積を高め速乾性と伸縮性をアップします。襟はもちろんワンピース。袖口は切りっぱなしのレーザーカット。締め付けを極力少なくしなら、しっかりと肌にフィットします。エアロ効果と着心地をアップするために極力縫い目をなくし、シール加工が施され、製品タグもプリントに置き換えられるなど、細かなところまで考えられた設計がされています。
背面はASSOSサマージャージ定番のメッシュパネル構造。汗をしっかり吸収し、発散するプッシュ・プル素材。
3分割のバックポケットはたくさんの荷物を入れた際にも安心なマチがついたとトリプルランプ構造。センターには安全性を高めるリフレクターが取り付けられています。
すべてのパネルはUVカット(UPF 50+)。夏場でも肌を日差しから守ります。

フィッティングは、ややタイトなレーシングフィット。
カラーはブラックベースにイメージカラーのバイオレットをワンポイントであしらったブラックシリーズと、バイオレットをベースをバックパネルにホワイトからーを配したビーナスバイオレットの2カラーがラインナップ。

  • 価格 : ¥25,600tax
  • カラー : Black Series, Venus Violet
  • SIZE : XS – S – M – L – XL
  • CLIMARANGE : SUMMER 1/3

フロントパネル

襟から一体構造となったフロントパネル。非常に薄く伸縮性の高い素材を採用し、エアロ効果も高めます。素材表面はディンプル加工が施され表面積を高め速乾性と伸縮性をアップ。

袖部分

アソスモノグラムがプリントされた袖口は切りっぱなしのレーザーカット。締め付けを極力少なくしなら、しっかりと肌にフィットします。袖部分以外にもフロントジッパー取り付け分など極力縫い目を無くす配慮が施されています。

背面はメッシュ素材

背面パネルは定番のメッシュ素材。通気性や速乾性にすぐれ、しっかりと排熱します。UVカット(UPF 50+)で安心して使用できます。

大型ポケット&リフレクター

背面にはフラップ付きのバックポケットが取り付けられてます。マチのある構造で食料やシェル類が入れやすく使いやすい。センターには安全性を高める大型リフレクターが配置されています。

DYORA RS
SUMMER CAP

サイドに通気性の高いメッシュパネルを採用し、快適性と伸縮性を高めた3ピース構造のサマーサイクリングキャップ。
キャップ内側にはテリーライニングと呼ばれる吸水性に優れた素材を使用。汗を素早く吸収します。
トップには大胆なDYORA RSラインがあしらわれています。

  • 価格 : ¥3,600+tax
  • カラー : Black Series, Venus Violet
  • SIZE : One size
  • CLIMARANGE : SUMMER 1/3

DYORA RS
SUMMER SOCKS

縫い目のないシームレス構造のサマーレーシングレディースソックス。暑い夏でも快適にライドできるよう使用する糸から見直し、超軽量なライクラをブレンドしたハイドロゲンと呼ばれるバタリーソフトマイクロファイバーを採用しました。これにより足、足首、下腿に沿って最適なコンプレッションを保ちます。アーチ部分は、エアリーメッシュの360°リブ付きバンド構造になっており、さらなるサポートと通気性を高めています。

  • 価格 : ¥2,400+tax
  • カラー : Black Series, Venus Violet
  • SIZE : 0 (35-38), I (39-42)
  • CLIMARANGE : SUMMER 1/3

ショーツテストインプレッション

今回、ASSOSアンバサダーを務めるテイ・ヨウフウさんをはじめ、ASSOSショップの女性スタッフにDYORA RS S9ショーツのテストをしていただきました。

ASSOSアンバサダー テイさん

LAALALAI SHORTS S7ショーツとの違い
サスペンダーの形状が変わったのでトイレ行く時ジャージを脱ぐことになりましたが、その手間を上回る履き心地なので気にいっています。
最初に履いた時は、姿勢が良くなるぐらい体がバッテンに引っ張られる感覚がありましたが、前傾姿勢を取ったら気になるほどの縛り付けではなかったです。背中でクロスするサスペンダーだ過去のパネル式と比べて大きく体を動かす時もパッドが体から離れることなくなりました。お尻にパッドが生えたみたいで6時間ぐらい乗っていても股ずれの感覚がありません。

身長162cm、体重49kg、体脂肪率14.6%でXSサイズでピッタリです。

サマーショートビブなので丈は気にしなくて済みますから細身の方はXSがオススメ。
日曜日なら撮れるかもしれません あとは、裾処理が今使用しているLAALALAI SHORTS S7よりさらに良い感じです。 シリコンゴムを使っていないけどズレ上がることもなく快適。 肌が弱い人には嬉しいことだと思います。

カトーサイクル 羽田野さん

展示会で見てからこのショーツの発売をとても楽しみにしていました。
ASOSSのショーツは今回のDYORA RSで3枚目になります。私はショップスタッフでウェアの接客をしていますが、やたらリピーターの多い、しかも長く愛用している方が多い「ASSOS」に興味を持ったのがきっかけです。
私のファーストASSOSは5シーズン目を迎える H.LAALALAI SHORTS S7、で昨年デビューしたUMA GT SUMMER HALFTIGHTS が2本目。どちらもかなりの頻度を使っていて、タイツに関してはタイツ特有の動き辛さを我慢しなくて良いんだと感じさせてくれた名品だと思っています。

さて、男性のショーツと比べて大きな進化がなかったレディースのショーツ。そこへ待望のDYORA登場です。もう、買わない理由がありません! なぜかと言うと、2年前にリニューアルしたメンズビブショーツEQUIPE RS BIB SHORTS S9を履いたお客様の反応を知っているからです。

実際に履いてみると、LAALALAIやUMAと比べて少しタイトな感じがします。メンズのEQUIPEシリーズと同等と考えると、レーシング寄りなフィット感なのだと頷けます。
一瞬、サイズ間違えたのではないかと不安を感じましたが、裾の位置、お尻のリボンの位置、ビブのテンションを見ても、ジャストサイズと考えます。
動いてみると軽い、とにかく軽い。動きやすい。程よいフィット感。苦しさや煩わしさは感じない。

こんなに履き心地が良いショーツを男性は2年前から使っていたんだと思うと、ズルイと感じてしまいます。
早速MTB、ロードと数回使用してみました。 パッドの厚みを感じない、フィット感がとても良い!動きやすい。軽い。
LAALALAIよりタイト感があるのに、柔らかく程よい着圧感がありUMA程緩くない。洗濯をすると、パッドも生地もしなやかさが増し、一層体に馴染みます。
サドルからお尻が離れても、他のASSOSショーツ同様パッドがお尻から離れる事はなく、ショーツを履いている事を感じないくらい動きやすく追従します。EQUIPE RS BIB SHORTSから導入されたA-LOCK と、ショーツの中心に縫い目のないゴールデンゲートが良い仕事をしています。ロードと比べて、サドルからお尻が離れる機会が多いMTBでも不快なところはなく、快適でした。女性の場合、おトイレの手間からビブを避ける傾向にありますが、もしもビブショーツに興味をお持ちなら、是非試して欲しいと思うショーツです。

サイズに関しては身長164㎝上半身のボリュームは少なく、ジャージはS、ショーツはMを選んでいます。LAALALAI、UMA共にMサイズでしたのでDYORAもMにしました。着た時のフィット感はDYORA > LAALALAI > UMAと言う感じです。

LAALALAIは前が浅くお腹が出るかな?と思う時がありますが、DYORAは深めで安心感があります。
また、ハーフショーツと比べてはき口が広く脱ぎ着も楽でした。少しタイトに感じると心配になってワンサイズ大きいのを選んでしまうかもしれません。サイズ選びに悩む時は、正しいフィッティングを相談できるショップで見てもらえると良いと思います。
レディースのショーツとしては、ここ最近ではないくらいよく出来ていて、ベタ褒め感満載になってしまうので、マイナスな面がないかと、必死に探してみました。
強いて言うなら、もう一枚欲しくなるのと、合わせてジャージが欲しくなると思いました。

ハヤサカサイクル仙台中央店 菅原さん

足を通したときに吸い付くような柔らかい生地と、サスペンダーを肩にかけた時の心地よいテンション、股関節まわりのすっきり感におっと声が出るほど衝撃を受けました。
丈は膝上8cmほどで短過ぎず、裾の締め付け感も自然です。裾のシリコンゴムが無くなったため痒みのストレスからも解放されました。 H.LAALALAIのショーツ(S7)と比べると1層目のパッドが小さくなり鼠蹊部の圧迫が軽減され、2層目のパッドは厚く弾力が増して長距離のライドがより快適になりました。

ハンドルポジションを変えて深い前傾姿勢をとったり、ダンシング時にもパッドが浮いたりずれたりせずにスムーズなペダリングができます。これが一体感なのねとしみじみ感じている自分がいました。 また室内トレーニングで長時間サドルに座りっぱなしだったり、登坂時前乗りして力がかかってもダメージは軽減されました。

今まで履いていたショーツやビブには戻れないほど気に入っています。

ASSOS記事一覧へ

 

ASSOSカタログページへ

ASSOSホームページへ

 

関連記事一覧